カードローンで失敗しないコツ

カードローンで失敗しないコツ

カードローンはちょっとしたお金に困っている場合や突然の出費などがあった際にとても便利な貸し付け制度の1つです。

 

その反面使い方を誤って返済が難しくなってしまい生活に支障が出てしまう方も少なくありません。

 

では、一体どのように利用したら失敗せずに上手くカードローンを使うことができるでしょうか?

 

 

 

 

1、出来るだけ短期間の返済を心掛ける

 

カードローンは他者からお金を借りる所謂借金と同様です。

 

もちろん、身内や知人から借りているわけではなく金融機関から借りているため後ろめたく感じる必要はありませんが、

 

その借りた金額には日々利息が付いて借りた額よりも多く返す必要があります。

 

そのため、1日でも長く借りていることは借り手自身の経済的負担を重くしていることになりますので、

 

返済の見込みができたらすぐに返済するようにしましょう。

 

 

 

2、条件の良いカードローン会社を選ぶ

 

カードローン会社は非常に多く存在しています。どのカードローン会社もそれぞれ特色があるため、

 

自身の置かれた状況などを勘案して条件の良いカードローン会社を選びましょう。

 

 

 

例えば、ごく短期間での返済見込みができているのであれば、短期の借り入れにほとんど利息の付かない

 

カードローンを選ぶといった工夫をすることで損を最小限に留めることができます。

カードローンを使ったおまとめローン

 

銀行のカードローンは金利が低めなことで有名です。

 

その為銀行カードローンを使って融資を受けると、消費者金融などのカードローンを使うよりも

 

返済負担が小さくなりやすいというメリットがあります。

 

これは初めてカードローンを使う方だけでなく、既にいくつかの借り入れを持っている方にとっても注目すべき点と言えます。

 

 

 

銀行のカードローンの中には、おまとめローンに対応している商品もあります。

 

おまとめローンというのは、複数の業者からの借り入れを一本化することが出来る便利なローン商品です。

 

具体的な仕組みとしては、数社に渡る借り入れとそれに対する返済額に充当する

 

金額をおまとめローンを利用して借り、現在取引中の金融機関からの債務を全て返済するという単純なものです。

 

そしてその後は新たに合計金額分を融資してもらった銀行等に対して、その金額を返済していく形になります。

 

単純に言うと借り入れ先が変わるだけで借り入れ金額の合計が変わるわけではないのですが、

 

おまとめローンを利用する金融機関の金利が低ければ返済時の負担を大幅に減らすことが出来るのです。

 

 

 

銀行カードローンの中でおまとめローンに利用できるカードローンを利用すれば、

 

おそらくそれまでよりも返済負担は小さくなります。また、返済日も1日だけに減らせるので、

 

その点での精神的なプレッシャーを小さくすることも可能です。